もぐもぐクリニックでは最新の機器を使用し、
嚥下障害の検査および治療を行っております。


体成分分析装置   嚥下内視鏡 (VE)   嚥下造影 (VF)
   
基礎代謝量や部位別筋肉量等を分析し、治療方針の決定や栄養指導時に活用します。   鼻からファイバーを挿入し、粘膜の状態・声門閉鎖機能・咽頭残留・誤嚥の有無などを直接観察します。   X線TV装置を用いて、嚥下機能を細かく評価します(当診療所内にて行います)。
嚥下音解析装置   神経筋電気刺激装置 (NMES)   干渉波電気刺激装置 (TESS)
   
高性能センサーで拾った嚥下音や呼吸音をリアルタイムで解析し、嚥下状態を可視化します。   低周波の電流を流し、嚥下に必要な筋力を向上させます。   中周波の電流を流し、喉の感覚を活性化させます。
体成分分析装置   嚥下内視鏡 (VE)
 
基礎代謝量や部位別筋肉量等を分析し、治療方針の決定や栄養指導時に活用します。   鼻からファイバーを挿入し、粘膜の状態・声門閉鎖機能・咽頭残留・誤嚥の有無などを直接観察します。
嚥下造影 (VF)   嚥下音解析装置
 
X線TV装置を用いて、嚥下機能を細かく評価します(当診療所内にて行います)。   高性能センサーで拾った嚥下音や呼吸音をリアルタイムで解析し、嚥下状態を可視化します。
神経筋電気刺激装置 (NMES)   干渉波電気刺激装置 (TESS)
 
低周波の電流を流し、嚥下に必要な筋力を向上させます。   中周波の電流を流し、喉の感覚を活性化させます。


 
Copyright mog2 clinic. All rights reserved.